top of page
  • kawabeyoshiaki

オーティコンから世界初のディープニューラルネットワーク(DNN)を搭載した補聴器が誕生しました!

更新日:2021年11月3日


モアのサウンドインテリジェンスは音の情景の処理における飛躍的な進歩があります。中でも、ディープニューラルネットワーク(以下DNN)は人間が自然に行うタスクをコンピュータで実現しようとする高度な人工知能技術で人や動物の神経細胞s(ニューラル)をモデルに多層構造を持つことでデータの特徴を段階的に深く学習していきます。多量の知能データを基に自動的により複雑な判断を行うことが可能になりました。


DNNによる自動制御機能を利用することで、脳の機能を模倣しています。既に学習した音が音声なのかそうでないのかを判断し、音の処理をします。モアのDNNは1200万の実際の音を学習済みです。どんなシーンのいてもクリアでバランスの取れた音声を届けることができます。雑踏の中にいても、雑音と音声を区別し、補聴器が聞くべき音を選ぶことで、今まで以上に音声を聞き取りやすくすることを実現できるのです。

また、従来の指向性機能とは異なり、360°音の情景の全体像を細部まで分析してバランスをとります。


特徴としては、

1 実生活の様々な音を記録

2 高度なDNNを用いて学習済み

3 音の全体像の詳細までを分析しバランスをとる

4 音の事情系の変化に自然に追随する高速で高解像度増幅


高性能チップが360°の音を分析し脳が処理しやすいように、声と騒音を調節して周囲の情景を届けます。


1日を通してより安定したモアをこの機会にぜひお試しください。



ご相談はこちらへ⇒042-497-3370

         補聴器専門店 かわべ



Comments


bottom of page